北坂伸子Weblog

<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
遅くなりました。
今年も残りわずかになりました。
クリスマスの写真もアップ出来ずにいましたのでひとまず
写真を~。

<12月クリスマスレッスンメニュー>
ニシンのマリネ紫キャベツと黒米添え
ブルーチーズと洋梨のサラダ
コリアンダーとザーサイのサラダ
大豆のパテ
里芋の柚子の香煮
ゆで豚の野菜包み
蒸し野菜
やわらか白菜の朝鮮人参煮
細ごぼうの煮物
かぼちゃとさつま芋のヨーグルト和え
豆もやしごはん
赤小松菜のパウンドケーキ
山の実寒天

         2013 クリスマス.jpg 

2013 クリスマス.jpg 2013 クリスマスⅠ.jpg

2013 クリスマスⅢ.jpg 2013クリスマスⅣ.jpg

           2013 クリスマスⅦ.jpg


12月のはじめに友人宅でのクリスマスパーティーにお邪魔しました。
素敵なお皿に素敵なケーキやお料理を盛りつけさせていただいて大満足のひとときでした。
    2013友人宅クリスマスⅡ.jpg 2013友人宅クリスマスⅠ.jpg

    2013友人宅クリスマスⅤ.jpg 2013友人宅クリスマスⅥ.jpg




| comments(0) | Website |
魚をつかった料理教室 12月
今月の「魚をつかった料理教室」は以下の日程と内容になりました。

<メニュー>
タラのピリ辛鍋
かぶの柚子ドレッシング和え
さつま芋のサラダ


日時   12月8日(日)11:00~13:00
場所   藤保水産 2階
持ち物  筆記用具 エプロン
会費   3000円
連絡先  0466-22-4838(藤保水産)


お知らせが遅くなりました。
今月はお鍋ですが食べ終わった後の出汁で〆のチャーハンにします。
あたたまる一品とお正月にも使える箸休めの二品をご紹介いたします。

間際のお申し込みも可能ですので直接お店にお問い合わせ下さいませ。
どうぞよろしくお願い致します。






| comments(0) | Website |
暮らし上手のおもてなし鍋 と きちんと魚
暮らし上手のおもてなし鍋
きちんと魚

株式会社 枻(エイ)出版社さんより
11月25日発売です。  (一部掲載)


お鍋はキムチ鍋を
魚料理はタラの照り焼き丼とタラの豆乳味噌スープをご紹介しています。

どちらの本も参考になるレシピが満載です。
美味しそうなお鍋レシピがいっぱいで早速昨晩作ってみました。
寒くなる時期にもピッタリですので是非お手にとって見て下さい。




明日から2日間ポッサムキムチの特別レッスンです。
王様キムチとも言い海産物や果物ほかをたっぷり入れて包み込みます。
我が家の冷蔵庫にも眠っています!

ポッサムキムチ.jpg



                <画像はクリックすると拡大します>





| comments(0) | Website |
11月の料理
海鮮キムチ鍋
  基本のキムチ鍋に海鮮をたっぷり入れて野菜と共に仕上げます。

オードブルプレート
  さつま芋のナッツ和えや人参の葉のナムルなどワンプレートの前菜に。


今年の通常のレッスンは今月で終わりです。

11月27、28日はポッサムキムチ(王様キムチ)
12月12、13日はクリスマス会 
となります。

早いですね~、もうすぐ年の瀬です。

今月は年末にかけて応用のきくキムチ鍋から展開できるお鍋をご紹介いたしました。
鶏肉でも魚のつみれに変えても美味しく食べていただけると思います。
今回は〆にキムチチャーハンを作りましたが、春雨を入れたり中華麺やトッポギを
入れても美味しいです。

2013 11月料理教室.jpg 2103 11月料理教室.jpg

2013 11月の料理.jpg 201311月の料理.jpg

                 <画像はクリックすると拡大します>







| comments(0) | Website |
無事に終了いたしました。
一昨日で初めての個展が無事に終了しました。
ご遠方からも沢山の方々に来ていただきまして心より感謝いたしております。
本当にありがとうございました。

趙 寿玉さんに作品の前で踊っていただけたことは一生の財産となりました。

また蔦サロンの素敵な環境に助けられ通過点である今の自分を表現できたこと
皆様のパワーをいただきながらの6日間は幸せをかみしめる毎日でした。

主催して下さった自由が丘コリアンキャッツの
川勝敬子さんには言葉に言いあらわせないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。



書との出会いは15歳の時でした。
16歳になった頃、師匠に内弟子にと言う話をいただいたその言葉の嬉しさが
今でも心に残っています。
日曜ごとのお寺での練成会、次の日の月曜日はお稽古、日曜日の帰宅後お稽古にどれだけ
書いて先生に見せれるかが勝負!!と自分に言い聞かせ徹夜の日々でした。

あれから36年あまり、、早いものです。
書き続けてこれたこと、家族にも感謝せねば、、ですね~。
赤ちゃんだった娘が墨壺に頭から突っ込み、初めての頭の上からのシャワーで鼻からも
墨が出る様子が泣く娘をよそに、可哀想だけれども思い切り笑ってしまったこと。
筆を持つと立ってシュッシュッと書く仕草をしている子供に驚いたりと
懐かしい思い出が浮かんできました。


皆様に心からのお礼と感謝の気持ちをお伝えしたいです。
次の通過点まで地に足をつけて少しずつ歩んで行きたいと思います。

蔦サロンⅢ.jpg





| comments(0) | Website |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91