北坂伸子Weblog

<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
季節ごとの楽しみ
   2020 6梅.jpg

保存物の支度に追われる時期ですね。
旬の食材は本当にワクワクします。

まずは韓国料理には欠かせない梅シロップを仕込みます。
種を取って、正味の重量と同量の砂糖を加え(我が家は洗双糖です)、
3ヶ月調度で梅の果肉を引き上げます。
梅に歯ごたえが残り、和え物、サラダ、コチュジャン漬けなどで楽しみます。



   2020 5キャベツの水キムチⅠ.jpg  

   2020 5キャベツの水キムチ.jpg

春のレッスンで予定していました”春キャベツと木の芽の水キムチ”
サラダのような爽やかなキムチです。
水キムチは米のとぎ汁に塩と砂糖を約3%ずつ加え、ひと煮立ちさせて冷まし
軽く塩をした野菜とにんにくや生姜を加えて漬け込みます。

季節の仕込み物は心弾むひとときです。
"いつものこと"は一番大切なことかもしれませんね。




| comments(0) | Website |
6月の料理教室につきまして
コロナ禍による自粛が少しずつ緩和されてまいりました。
とは言いましても予断を許さない状況と心しております。

料理のレッスンにつきまして、
6月末より7月上旬にかけて少人数で再開させていただくことにいたしました。
しかしながら、状況によりましてはキャンセルさせていただくことと、
試食時以外にマスクを着用していただくことや、手洗い、消毒など
お越し下さる方々にお願いすることが多くなりますことをご了承下さいませ。

室内の換気や消毒、調理時のお伝えの仕方など、慎重に行いたいと思っています。
内容や時間など、従来の形からの変更もございますので詳細は随時お問い合わせ下さい。

引き続きましてくれぐれもお気をつけてお過ごし下さいませ。




| comments(0) | Website |
間引き野菜
        キムチ2020 間引き.jpg

   2020 間引きキムチⅡ.jpg 2020 間引きキムチⅢ.jpg 


そろそろ春キャベツやほうれん草に”とう立ち”が始まっていると便りが入っていました。
中でもほうれん草はとう立ちが始まっていて、これをほうれん木(ボク)と言うそうです。
アブラナ科と違って軸の部分は美味しく食べれるとのことです。

この時期の野菜にはカブ、二十日大根、大根などの間引き菜が少しずつ入ってきます。
韓国のチョンガクキムチ(小大根)の食感に似ていてとっても美味しいです。
全て一緒に漬け込みます。
大きめの物には切り込みを入れて、小カブはそのまま下漬けします。
カクトゥギ(大根の角切りキムチ)と同じ漬け方です。

中蓋有りの容器がなければ、なるべく空気に触れないように落とし蓋のようなもので
上に少し重みをのせてから蓋をして保存して下さい。

その時に食べる分だけ取り出して切っていただきます。
10日位で食べ頃になる旬のキムチです。

また旬の時期に皆様と一緒に作れる日を楽しみにしています❤






| comments(0) | Website |
保存物
         2020 にんにく.jpg 

         2020 にんにくⅠ.jpg


華やかに食卓を彩る春野菜から水分をたっぷり含んだ夏野菜へと旬の野菜が移っています。
季節の物をいただくこと、何気ないいつもの食卓に染みいる有り難さを痛感する日々です。

にんにくはそろそろ新にんにくになってきました。
新にんにくはチャンアチ(醤油漬け)や水飴やはちみつに漬けて寝かせると
調理にも、そのままでも、サクサクして美味しいですがフードプロセッサーなどで
ミンチにして冷凍するにはひねにんにくがおすすめです。
水分が少なく、ねっとりとして冷凍には向きます。
有機野菜は走り野菜が遅いのでまだ手に入ると思います。

瓶詰めにしてそのまま冷凍、解凍後は冷蔵庫で1ヶ月は問題なしです。
いろんな大きさの瓶に入れて冷凍すると時々の頻度で調整出来て便利です。

身体に良いにんにくも日本の梅雨空に摂り過ぎては発散できなくなります。
体質や生活習慣にもよりますが湿気の多い日本では熟成させて使うのも良いですね。

    

| comments(0) | Website |
5月のレッスンにつきまして
今月の料理教室、ランチ、書道共に休ませていただきます。
ご予約いただいていました方々には大変申し訳ございません。

来月の日程につきましては状況をみまして今月後半にご連絡いたします。

料理レシピや書道の課題など、ご質問、ご希望などがございましたらお気軽にご連絡下さいませ。

自粛期間ではありますが不自由なく生活させていただいていますこと、
この状況の中、支えて下さっている全ての方々に心より感謝する日々です。
皆様におかれましてもくれぐれもご自愛下さい。
次回お目にかかれますことを心待ちにいたしております。




| comments(0) | Website |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102