北坂伸子Weblog

<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2018年もよろしくお願いいたします。
2018お正月.jpg


あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年も沢山の方にお越しいただきまして心より感謝いたしております。
明日から料理教室のスタートとなりました。

年間でのメニューがお出しできなくて申し訳ございません。
旬の素材が毎年少しずつ変動もございまして、
その時々の様子を見まして献立を立てております。
どうぞご了承下さいませ。
(1週間前には分かりますのでお問い合わせ下さい。)

今年も身体に優しい素材で旬を大切にしたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。


※料理教室の規定が若干変わりましたので
 料理教室の申込みとキャンセルについてにての
 「料理教室の規定」ご覧下さいませ。



| comments(0) | Website |
12月の料理
2017 12月クリスマス会Ⅲ.jpg 2017 12月クリスマス会Ⅳ.jpg


2017 12月クリスマス会.JPG 2017 12月クリスマス会Ⅰ.JPG

12月は恒例のクリスマス会で、召し上がっていただく形式でした。

料理教室は無事に今年も終了いたしました。
今年も沢山の皆様にお越しいただきまして、言葉では言いあらわせないほどの
感謝の気持ちでいっぱいでございます。
本当にありがとうございました。
来年も皆様と元気にお会いできますことを心より楽しみに、お待ちいたしております。



<クリスマスメニュー>

なまこの水刺身
カリフラワーとはと麦のサムゲタン粥
テールの煮込みニラ醤油がけ
紅大根餅
つくね芋の牡蠣もどきフライ 豆腐のタルタルソース添え
台湾日月潭紅茶煮卵
緑豆のジョン
鱈のジョン
イカのスンデジョン
熟成白キムチと鱈と牡蠣の蒸し物
紅化粧大根とキンカンのサラダ
青大根とセロリ、シャインマスカットのサラダ
紅くるり大根とオリーブのサラダ
人参とフェンネルと枝つきケッパーのサラダ
白キムチ
人参とかぼちゃのソテー彩りナッツのせ
里芋と干し鱈のディップ
スイートポテト
龍眼おこわピーナッツがけ







| comments(0) | Website |
11月の料理
豚キムチの石焼きご飯
 豚キムチの上に雑穀ご飯をのせて香ばしく焼き付ける石焼きご飯です

牡蠣と大根のスープ
 煮干しベースの出汁に大根をたっぷり入れて煮込み牡蠣を加えたスープです

春菊とれんこんのジョン
春菊の松の実和え
 12月号の”きょうの料理”でご紹介しました2品です
 春菊を簡単調理で沢山食べれる一品です。

厚揚げと豆もやしの蒸し煮
 厚揚げ、玉ねぎ、豆もやし、長ネギを鍋にい入れ特製ダレをかけて蒸し煮にします

        2017 11月料理教室Ⅸ.jpg 
2017 11月料理教室Ⅲ.JPG 2017 11月料理教室Ⅴ.jpg
   2017 11月料理教室Ⅳ.jpg 2017 11月料理教室 Ⅰ.JPG

   2017 11月料理教室.JPG 2017 11月料理教室Ⅷ.jpg

                   <画像はクリックすると拡大します>


| comments(0) | Website |
きょうの料理12月号
「きょうの料理12月号」
    NHK出版社さんより11月21日 本日発売になりました。

きょうの料理12月号.jpg


”鍋物野菜で、つける!焼く!あえる! ”   (一部掲載 158頁~165頁)
のコーナーで年末年始の鍋物の残り野菜を使っての展開レシピを掲載していただいています。

簡単に作っていただける物ばかりですのでお試しいただけたら嬉しいです。

おせち料理、おもてなし料理は勿論、素敵なレシピが満載の12月号です。
保存版の一冊に、お手にとっていただけると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。







| comments(0) | Website |
韓国の大学で講義を~。
2017 1030 大学Ⅴ.jpg 2017 1030 大学Ⅲ.jpg

 2017 1030 大学Ⅳ.jpg

先月末10月30日、
”ソウル化学技術大学 工芸文化産業デザイン専門家過程” の皆さんの前で
カリグラフィーの講義をさせていただきました。

講義名
「第一印象を0.1秒で引きつける ~言葉と字体~」

看板、のれん
日本酒のラベル 
書の作品制作について
ガラス作家とのコラボ
書を身近な生活に取り入れる  等



大学.jpg

大学 .jpeg

日本ののれん、商品ラベル、書の作品制作、いろいろな工芸とのコラボ作品について、
また伝統工芸には販路がないと発展しないことなどもお話ししました。

              
大学院での講義で、受講生はその道の専門家の皆さん。
約2時間の講義でしたが、機転のきく通訳をして下さった先生のお陰で無事に終了しました。
この学校はソウル市で唯一の国立大学、伝統工芸が学べる今人気の大学だそうです。
初めての経験に緊張のひとときでしたがとても良い経験をさせていただきました。


教室に入ると大きな幕をあげていただいていました。
2017 1030 大学Ⅵ.jpg

素敵なおもてなしで迎えて下さり感激!
2017 1030 大学Ⅰ.jpg

講義後は皆さんと記念撮影
大好きな白い花束もいただきました~。
2017 1030 大学.jpg 2017 10月30日大学.jpg



質問コーナーでは
書をはじめて何年ですか?
日本酒のラベルを書いた謝礼はいくらですか?
作品の値段は?
                  等々、素直な質問で一気に場が和みました(笑)!



お世話になった先生方に心より感謝いたしております。
書をはじめて40年の通過点に自分自身あらためて地に足をつけて
じっくり進んで行きたいと実感しました。
そして皆さんの学ぶ姿勢に感動の一日でした。



                      <画像はクリックすると拡大します>





| comments(0) | Website |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91