北坂伸子Weblog

<< March 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
熊本を元気にするチュムとソリ 踊りと音in熊本・湯島
10月1~2日に「熊本を元気にするチュムとソリ 踊りと音in熊本・湯島」が
不知火にある懐水集さんで催されました。
趙寿玉さんを筆頭に、舞踊、玄琴、チャンゴの響きが、踊りが、和紙を施した古民家に
とてもマッチし素敵な時間となりました。

熊本 7.jpg 


お昼には地元の食材を使って韓国料理を楽しむ会をさせていただきました。
皆さんあたたかく協力して下さりワイワイとテーブルを囲みました。
熊本4.jpg

<レッスンメニュー>
イカとししとうのジョン
ミョウガとゴーヤのジョン
香り味噌、ミニきゅうり添え
ところてんと韓国のりの和え物
コンドレパブ(朝鮮アザミのごはん)
薬味いっぱい醤油ダレ

<その他>
豆腐のピリ辛煮
きゅうりのキムチ
白菜の即席キムチ
里芋のコチュジャン和え
トッポギ2種
人参のナムル
大根のナムル
茄子のナムル

懐水集さんの古民家では毎食薪でご飯を炊いて下さいました。
本当に美味しく贅沢なご飯を沢山いただきながら
自然の中での台所仕事に癒やされました。

熊本.jpg 熊本2.jpg 熊本6.jpg

熊本3.jpg 熊本 6.jpg 熊本5.jpg

             <画像はクリックすると拡大します>




| comments(0) | Website |
移りゆく季節と、嬉しいひととき。
先月、夏の野菜としてご紹介をしました葉唐辛子。
葉を茎から取って茹でてナムルにしました。(唐辛子の部分は辛いので別に使います)

日本ではそのまま炒めて佃煮などにすることが多いですが、
苦みのある葉には栄養素が沢山含まれていて、エゴマ油の香りとよくあいます。


葉唐辛子1.JPG 葉唐辛子2.JPG

葉唐辛子3.JPG

大根抜き菜は水キムチにしました。
塩をして、梨、玉ねぎ、生姜、にんにく他をミキサーにかけたものと
粉唐辛子を水に浸けて色出しした汁につけ込みます。
麺を入れて冷麺風に、ご飯に大根葉をのせてビビンパブで楽しみます。

大根抜き菜.JPG

大根抜き菜3.JPG 大根抜き菜4.JPG

夏野菜に名残惜しさを告げて秋野菜に~。
四季があるというのは本当に素晴らしいことですね。



そして昨晩は久しぶりに奈良から妹家族と母が来てくれました。
妹の仕事区切りの慰労会~。

美食家の義弟を前にドキドキ!!
時が経つのは本当に早いものですが、いつ会っても刺激をくれる妹家族。
時間をみつけて今度は皆で奈良におしかける予定です~。

2016 9月22日 妹.JPG 2016 9月22日妹.JPG

2016 9月22日妹1.JPG 2016 9月22日妹2.JPG

                   <画像はクリックすると拡大します>



| comments(0) | Website |
9月の料理
        2016 9月料理教室4.JPG

2016 9月料理教室2.JPG 2016 9月料理教室3.JPG

        2016 9月料理教室.JPG 



カムジャタン
 下処理をしたスペアリブとジャガイモを煮込みエゴマの葉をたっぷりのせます

旬のナムル3種
 ウリ、なす、葉唐辛子の葉をそれぞれの味付けでにんにくを入れずに和えます

きゅうりの松の実ソースサラダ
 松の実をたっぷり使い甘みはハチミツを入れ、さっぱり甘酸っぱいドレッシングにします

韓国の卵焼き(ケランマリ)
 細かく切った彩野菜に韓国のりを巻き込んで焼いていきます




ようやく秋風になってまいりました。

今月はしっかりと下茹でをした豚肉とジャガイモでカムジャタン(直訳~ジャガイモ湯!?)
を紹介いたしました。
韓国ではとても馴染みのある鍋料理です。
独自の味を出そうと専門店が並びます。
昔、友人に連れて行ってもらった龍山駅近くの有名店の味を思い出して再現してみました。

ナムルにはニンニクが入っているイメージですが、入れないものもたくさんあります。
野菜の味を楽しむために3種のナムルをニンニクなしのエゴマ油その他で味をつけました。

韓国のお坊さんは宗教によって違うところもありますが、
五葷(ごくん)と言って以下のものを食べません。
ネギ、にんにく、にら、らっきょう、玉ねぎ

季節の変わり目です。
身体にやさしい野菜の食べ方で夏の疲れを癒したいものです。



| comments(0) | Website |
小豆餅。
ささぎ餅.jpg

5月に金沢の市場で出会った”ささぎ餅”です。
韓国のお餅とそっくりです!
お味も似ていて甘くなく塩味でした。
お菓子と言うよりご飯と言った感じです。

お店の方曰く、昔 田植えの時期に畑にご飯代わりに持って行っていたそうで
この時期にしか出ない季節ものとのこと。
栄養と食べやすさ、腹持ちの良さからでしょうか。
諸説あるようですが納得の一品でした。


いがだんご.JPG
お餅と言えば新潟のこのお餅。
”いがだんご”です~!
こちらは餅米の中にあんこが入っていて素朴な甘味で絶品なお味。

これだけを目的に旅に出たい!と思う一品です。





| comments(0) | Website |
保存食
3干物.jpg

まだまだ蒸し暑い日が続いております。
台所で火を使うのも嫌になりますね~。

保存食もなるべく火を使わずに作れる物にしたい物です。

天候不順な毎日です、お買い物に出れない日のために干物作りや粕漬けで
お魚は一応キープしています。

我が家は約5%の塩水に浸けて干しています。
(塩分はお魚によってお好みの塩気でOKです)

小さめのカレイは内臓を取って塩水に浸けます。
2~3時間~半日位でしょうか。

干すと水気が飛びますので素揚げにしても油跳ねが少なくて美味しいです。
イワシはそのままで目の玉が白く変化したらOKです。
干物や粕漬けは冷凍保存も出来ます。

保存食カレイの一夜干し.JPG 保存食カレイの一夜干し1.JPG

保存食イワシ一夜干し 1.JPG


酒粕はペースト状の物に味噌とみりんを混ぜて好みの味に、
切り身の魚を漬け込んで2~3日置けばOKです。
保存食酒粕 1.JPG 保存食酒粕2.JPG




| comments(0) | Website |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95